NPO法人『和の文化塾』

初めまして。

私は『NPO法人 和の文化塾』代表の高頭 伴與(たかとう ともよ)と申します。

daihyo01

NPO法人 和の文化塾は、

日本文化の奥深さを、国の内外の人々にお伝えすることを目的に活動を行っております。

活動内容は一般成人・外国人・子どもたちへの日本文化紹介・企業様における和文化を取り入れた社員教育・伝統芸能の鑑賞活動などを行っておりますが、一般成人を対象に行っております、講座「WA・JYUKU」についてご紹介させて頂きます。

私が子供の頃、暮らしの中の知らない事があると、祖母や母にたずねました。すると二人は、いろいろな知恵も持っていて、子・孫である私にそのつど何かと教えてくれました。

 例えば、よそのお宅へ訪問した時に気を付けること・目上の人に対する言葉づかい・食事の頂き方などなど・・・・・。

少し大きくなってからは、いけ花の生け方、季節ごとの衣類のしまいかた。漬物、そして味噌の作り方などなど・・・・

これらの知恵を聞き学ぶたびに、二人に対して「すごい」と思い尊敬したものでした。

 これらの一つ一つは、日常のささいなことなのですが、くらしを営む上で必要なことばかりで、私が結婚してからとても役立ちました。今は私が娘たちに伝えています。

しかし、母や祖母たちが専業主婦であった時代には、何処のお宅でも当たり前行ってきた女子教育でしたが、この頃は核家族化や女性の社会進出によって、日本の麗しい生活文化の伝承が不可能になってきたと感じておりました。

そうしたある時、知人から『私は長年仕事に従事してきたため、娘に十分な躾ができなかったので、娘の躾をしてくれるところがあったら有難いのだけれども。』というお話がありました。

この言葉をきっかけに、賢い日本の女性たちが、永い年月積み重ねてきた大切で素敵な知恵を、絶やさず伝え続ける必要性を強く感じ講座「WA・JYUKU」をはじめました。

この講座は、生活の知恵ともに、「習い事」の中から生活文化に役立つものを取りあげ、その発生動機や、時代ごとに形を変えながら、今日に至った経緯などをお伝えしております。年齢・男女を問わずご参加頂けますので、是非ご参加頂きたく思います。

 toppage

2018/01/08